- 新着情報 news -
上棟
2020.5/24 Sun

上棟 ~浜松市西区伊左地町~

5月23(土),24(日)の二日間、浜松市西区伊左地にて上棟を執り行いました。

伊左地町の長閑な南西角地に非対称三角屋根L字型和モダンのお家づくりがスタートしました。

西側に県道が走っている為、少しでも音の対策が出来るようL字でお庭を囲みながらプライベート空間が保てるようなプランニングとなっています。

モノづくりが大好きなご夫婦の為に、1Fには雰囲気のあるモザイクガラスに囲まれた4帖の工作室をリビングに繋げた形で設ける事で日々の暮らしにワクワクと充実感をプラス。

水廻りも全て1Fに集約し、キッチン→パントリー→洗面室と繋げることで家事動線にも配慮いたしました。更に3帖のファミリークローゼットと観葉植物を並べたり、ランドリーとしても活用することも可能な小さな三角形のサンルームも設けます。

西日が大好きという旦那様の為に、三角屋根の屋根空間を有効活用し、2Fより更に上に隠し部屋として特別な空間を設ける予定です。隠し部屋の登り口も忍者屋敷のように敢えて目に付かない場所に設ける事で更なる特別感とワクワク感を演出します。

外観は中間明度のニュアンスあるグレーのガルバリウム鋼板をベースに玄関廻り外壁を塗り壁とし、軒天を本木のレッドシダー張りにて仕上げることで和でも洋でのない新しい雰囲気を創造する予定です。

S様 上棟、誠におめでとうございます。大工やスタッフへのお心遣い誠にありがとうございました。

来年年始頃の完成を目指し、スタッフ一同頑張ってまいりますので、引き続き完成まで何卒宜しくお願い致します。

上棟
2020.5/22 Fri

上棟 ~湖西市新居町~

5月22日(金) 湖西市新居町にて上棟を執り行いました。

閑静な住宅地の一画で日当たりのいい敷地に、沖縄出身のご主人とご家族のこだわり・沖縄らしさを取り入れ、自然豊かな沖縄を連想させる家づくりがスタートしました。

テーマは「青い空に映える沖縄の家」

「沖縄の雰囲気を取り入れたい」そんな言葉から始まった家づくり。沖縄出身のご主人と湖西出身の奥様、そして5人の元気なお子さんの7人家族。

22帖のLDKにはスキップフロアを活かし家族みんなを囲み、集まれるリビングを提案。大きな掃出し窓から明るい陽射しが差し込み、外にはウッドデッキがあることで、外と内が繋がり開放感を感じられます。

キッチン周りは、家族7人が食事や勉強ができるようにL字型のカウンターテーブルを造作、椅子に座った時の目線とキッチンに立つ奥様の目線の高さが合うように、キッチンの床をスキップダウンしました。

その横には3畳の和室を併設し、泡盛を飲みながら三線を弾くご主人の寛ぎ空間に。キッチンを中心にダイニング、リビング、和室と、どこに居ても家族の団らんが生まれる空間となる予定です。

洗面室と脱衣室と浴室、そしてウォークインクローゼット、洗濯干しスペースを繋げることで、スムーズな家事動線を考慮した間取り設計としました。

外観は、沖縄らしい赤瓦や砂壁風の外壁を採用したり、玄関前には、琉球建築の象徴魔よけの壁ヒンプンやシーサーを設置し、青い空に映える沖縄を感じさせる外観となる予定です。

NZ様、 上棟 誠におめでとうございます。当日は大工やスタッフへの沢山のお心遣い大変ありがとうございました。

今年冬頃の完成を目指しスタッフ一同頑張ってまいりますので、引き続き完成まで宜しくお願い致します。

上棟
2020.5/21 Thu

上棟 ~磐田市東原~

5月21日(木) 磐田市東原にて上棟を執り行いました。

お茶畑が広がる自然豊かで見晴らしのいい閑静な敷地で、外観、内装ともにシンプルでカッコいいお家づくりがスタートしました。

テーマは「シンプルモダンなL字型の家」。

「直線美を生かしたシンプルでカッコいい空間」そんな言葉が似合うこのお家のLDKには、I型の対面キッチンとその横に並んだダイニングテーブル、その背面には腰高のキッチン収納を造作し、その上には横長の窓が3連繋がり、直線を生かした空間に。また、床にはタモ材を採用し、空間全体がスッキリとシンプルに仕上がる予定です。L字型の間取りには2つの大きな窓を配置し、外にはウッドデッキが広がります。

キッチンの横には、パントリー、洗面室、浴室と並び、洗濯スペースも近くにあって、家事動線もスムーズで使いやすく設計しました。

2階には将来間仕切れる子供部屋とトイレと収納だけにすることで、平屋と総二階を組み合わせたような外観が実現。外観もダークグレーのガルバリウム鋼板と一部に白の塗り壁を取り入れて、スッキリとシンプルにまとめ上げる予定です。

また、敷地内にはお庭の目隠し代わりにもなるコンテナを配置し、シンプルな外観とコンテナが、同じ敷地内で共存するカッコいいお家になる予定です。

T様、 上棟 誠におめでとうございます。当日は大工やスタッフへの沢山のお心遣い大変ありがとうございました。

今年冬頃の完成を目指しスタッフ一同頑張ってまいりますので、引き続き完成まで宜しくお願い致します。

地鎮祭
2020.5/19 Tue

地鎮祭を執り行いました~菊川市堂山新田~

5月18日(月) 菊川市堂山新田にて地鎮祭を執り行いました。

テーマは「幅広階段と吹抜けのある6層スキップフロアの家」。

建築地は閑静な住宅地の一画で陽当たりの良い縦長の敷地。お家中央に本宅の象徴としてランダムな意匠の幅広階段を設け、更に豪快な6層スキップフロアと吹抜けのある拘りと魅力満載のお家づくりがスタートします。

縦長の敷地を有効活用し、北側には店舗を南側には住宅をレイアウトし、可愛いお子様が3人居られる事も有り、店舗と住宅を中で行き来する事が出来る間取り構成としました。

玄関引戸を開くと奥へと続く広く長めのホールが現れ、板貼りや照明などによってお家の顔となる玄関から大きな特徴を持たせます。玄関近くには広めの洗面と浴室を設け、元気なお子様も直ぐにお風呂に入れる動線となります。

家事動線としてもう一つの拘りはシューズクローク→キッチンへの動線。買い物から帰って来られた際、出来るだけ短い距離でキッチンへ行く事が出来る動線を設けました。キッチンはダウンフロアとし、堀座卓式ダイニングテーブルに座ったご家族やお友達との目線を可能な限り近づける工夫をスキップフロアを利用し行う予定です。ダイニングキッチンより幅広階段を8段上がるとそこには特別な吹抜けリビング空間が現れ、南側に大きな窓を設ける事により、リビングを通してダウンフロアのダイニングキッチンへ光を落とす設計となっています。リビングが中間層に存在する事から外との繋がりを持たしながらより広く感じてもらう為にリビング横にはウッド敷きのバルコニーを設けます。

外のような中のような空間となるバルコニーとの横の繋がり、吹抜けの縦の繋がり、ダウンフロアの下との繋がり、南側の大きな窓から見える空との繋がり、4方向への繋がりがリビング空間の大きな魅力となります。

外観は店舗と住宅の視認がはっきり出来るようスクエアの2つの箱をくっつけた外観とし、グレーとアイボリーのガルバリウム鋼板+塗り壁やレッドシダー板張りなどをあしらい、色と形のコーディネートによって、圧倒的な魅力を外観でも出す予定で、完成がとても楽しみな住宅です。

 

I様、本日は 地鎮祭 誠におめでとうございます。

スタッフ一同頑張ってまいりますので、引き続き完成まで宜しくお願い致します。

 

上棟
2020.4/30 Thu

上棟 ~袋井市上山梨~

4月30日(木) 袋井市上山梨にて上棟を執り行いました。

利便性の良い陽当たり抜群の1本入り込んだ静かな立地にフラットフロア総2階NEWテイストのお家づくりがスタートしました。

テーマは「ラグジュアリー×モダン×カリフォルニアテイスト融合の家」。

単純にラグジュアリーではなく、単にモダンでもなく、ラグジュアリーとモダン、更にカリフォルニアテイストをエッセンスとして融合させた新しいテイストの住宅にチャレンジします。玄関前には本木のウエスタンレッドシダーに囲まれた玄関ポーチを、玄関引戸を開けると奥まで続く空間が現れます。LDKへ誘う特徴ある造作扉を開けると、そこにはフラットフロアのLDK22帖+ウッドデッキ9帖が現れ、その奥にある大きなお庭との一体感で巨大な空間を感じて頂けるプランニングとなっています。デッキや庭へと続くサッシも全開口+大きな引違いサッシ×2枚によってダイニングキッチンからの外への抜け感と、リビングの囲まれた落ち着き感の両立を図る為にお施主様と共に悩みながら打合せを重ねてまいりました。TVボードバックには凹凸感ある古材をあしらい、キッチンバックには武骨なレンガを。空間中央にはアイランドキッチンを設けてモダンな空間に仕上げてまいります。ルンバなどのお掃除ロボットを使用したいというお話からLDKや廊下など1階は全てフラットとし、お掃除ロボットの基地も階段下空間に確保する予定です。また、将来的にはお庭にコンテナ2基を設置し、LDK⇒ウッドデッキ⇒デッキ廊下⇒コンテナへという流れと敷地内レイアウトも想定し、住宅2階からコンテナ2階へ渡り廊下で渡れたらより面白いですね!など、将来の庭との繋がりを想定しながらプランニングを進めてきました。

外観は真っ白のガルバリウム鋼板×レッドシダー板張り×SOLID(サイディング)×塗り壁という4種類の素材と色のコーディネートにより、他に無い個性的でカッコいい外観を目指します。

M様、本日は 上棟 誠におめでとうございます。大工やスタッフへの沢山のお心遣い大変ありがとうございました。

今年秋頃の完成を目指しスタッフ一同頑張ってまいりますので、引き続き完成まで宜しくお願い致します。