- 新着情報 news -
news
2021.2/19 Fri

YouTubeチャンネル開設しました!

Select工房の家づくり、暮らしの提案を発信していく、YouTubeチャンネルを開設いたしました。

暮らしや暮らし方、趣味やワクワクを大切に暮らしに豊かさを与える「無駄を省かない自由な家づくり」を私共は日々行っております。

そんな私共の想いをしっかりお伝えするため、今後様々な動画をアップしていきます!

以下をタップして頂けますとご視聴いただけます。

↓ ↓ ↓

Select工房株式会社 – YouTube

是非、Goodボタンとチャンネル登録お願い致します。

 

地鎮祭
2021.2/15 Mon

地鎮祭~浜松市浜北区於呂~

2月14日(日)浜松市浜北区於呂にて地鎮祭を執り行いました。

テーマは「プライベート空間を保つT型カフェスタイルの家」

浜北区於呂の田んぼや畑に囲まれた長閑な一角にプライベート空間を保ったT字型外観のお家づくりがスタートします。

お家の雰囲気はやり過ぎない優しいカフェスタイル。アイアン+モザイクガラスのパーティション、キッチンタイル貼りやシンプルな照明をアクセントとして柔らかいコーディネートで纏める予定です。玄関扉を開けると4帖程のゆったりとした玄関ホールが現れ、そこには1つ目の見せ場であるアイアン+モザイクガラスのパーティション付き手洗いコーナーと照明により来客を招き、奥へと繋がるLDKへの期待をより膨らませてくれる演出となっています。LDKへ向かう途中には4帖の大きい洗面室兼ランドリーを設け、お仕事から帰られて来たご主人様も玄関を通らずして勝手口から直接洗面室へ入ることが出来る動線となっています。また、この洗面室はパントリー⇒キッチンへと繋がっており、お忙しくされる奥様の家事動線にも十分配慮した設計となっています。LDKはスキップフロアを活用しリビングは2段下げ、ダイニングキッチンから5段上がった中層にはスタディコーナーを配置。LDK20帖+スタディコーナー2帖+LDKに併設したウッドデッキ4帖とスキップフロアならではの目線の動きと高い天井高によって帖数以上の解放感を感じることが出来る設計となっています。2階はシンプルに寝室と子供室、ウォークスルークローゼットのみレイアウト。部屋数が少ない分、各室は広めに確保。ウォークスルークローゼットは大容量の4帖とし、各子供室は7帖づつでゆったりとした間取りなっています。

外観は箱を2つ組み合わせ、しっかり凹凸感ある形状に。形・色・素材はとにかくシンプルにカッコ可愛く。カッコいいだけではなく、外壁ガルバリウム鋼板のカラーと玄関ポーチの板張りなどを組み合わせる事で、外観にも温かみとお洒落な雰囲気が出るようなコーディネートとしています。

 

K様、本日は地鎮祭 誠におめでとうございます。

今年冬頃の完成を目指しスタッフ一同頑張ってまいりますので、引き続き完成まで宜しくお願い致します。

 

地鎮祭
2021.2/8 Mon

地鎮祭~浜松市北区根洗町~

2月7日(日)浜松市北区根洗町にて地鎮祭を執り行いました。

テーマは「2階セカンドリビングのある地産地消 天竜檜材の家」

北区根洗町、周囲にみかん畑のある長閑な敷地一角に小上がり和室を含め、計27.3帖の大空間LDKのお家づくりがスタートします。

玄関扉を開くと4帖の大き目のホールが現れ、正面にはガラス入の造作木製引き戸を2枚設け、その扉を開ける事で玄関ホールとLDKを繋げ、更に大きな一つの空間とする事も可能とした解放感あるプランニングとなります。

木がお好きというお施主様。木のぬくもりを大切に地産地消、手足が触れる部分や土台には天竜檜を、強度が必要な化粧梁などには天竜杉をふんだんに使用し、色味も木本来の温かみある素材そのものの色を生かし、明るい内装に仕上げる予定です。LDKのメインに鎮座するのはキッチンとダイニングテーブル。キッチンとダイニングテーブルをストレートにつなげることで空間としての圧倒的な存在感を醸し出します。その前には個室として利用も可能な小上がりの和室とリビング⇒ウッドデッキ⇒お庭とレイアウトする事で、キッチンに立った奥様が全てを一望できる間取り設計となっています。

お忙しくされている奥様のために家事動線にもしっかり配慮。キッチン近くにパントリー・洗面・ファミリークローゼット・脱衣室・浴室・トイレの全てを集約し、ストレスなく家事を行うことができます。

本邸の見せ場は更に3つあります。1つ目はキッチンダイニング近くに設けられたみかん畑を望める小さなヌック。お子様とおやつを食べたり、絵本を読んだり、お茶休憩をしたり…敢えて小さくする事で落ち着く素敵な空間となる予定です。もう1つは2階に設けられた小さなセカンドリビング。ビーズクッションやTVを置き、睡眠前などに少し寛ぎの時間を。最後に、2階から更にスキップアップした最上階の場所には旦那様用の特別な書斎を設ける予定です。

外観はお家らしい形がお好きなお施主様の為、周囲の畑などの日当たりを考慮した片流れ風切妻屋根に。ガルバリウム鋼板と玄関前の木張りや格子を組み合わせる事で、外観にも温かみを演出しています。

 

T様、本日は地鎮祭 誠におめでとうございます。

今年冬頃の完成を目指しスタッフ一同頑張ってまいりますので、引き続き完成まで宜しくお願い致します。

見学会
2021.1/17 Sun

住宅完成見学会ご来場頂き、誠にありがとうございました!

浜松市西区伊佐地にて1/16(土)・17(日)に開催された住宅完成見学会。

今回のテーマは「非対称三角屋根L字型和モダンのお家」

2日間でご来場を頂き誠にありがとうございました。

弊社のコロナウイルス感染予防対策へのご協力とご理解にも大変感謝いたします。

ご来場の方々から特に多かったご意見は「L字型角の部分に設けた程よく陽がはいる観葉植物のブース」「道路側に面した土地を活かし、音の対策や周囲の目線を考えた間取りの提案」「西日が大好きな旦那様の為に屋根部分に設けた隠し部屋」「アイアン風窓や照明、スイッチ等細部までこだわったご夫婦の工作室決まりのない仕様選び」「スキップフロアを活かしたLDKと動線を考えた空間づくり」等沢山の高いご評価・ご意見を頂くことが出来ました。お施主様と共に考え、試行錯誤しながら完成した住宅が皆さんに評価され、今回も前回に続き、私共の「暮らし方のご提案」「土地の魅力を最大限に引き出すプランニング」「デザインに特化したコンセプト」等、しっかりお伝え出来たことに大変嬉しく思います。

また、新しい試みとして継続しております予約制の『暮らしを知る見学会』 現在17棟で引き続き開催中です。 これまでに弊社が建築してきた住宅の中でとりわけコンセプトが明快な住宅を厳選し、これから家を建てられるお客様に個別に見学して頂くというもの。実際に個別見学されたお客様からは、完成見学会とはまた違い「ゆっくり見学できて良かった」「入居後のリアルな感想を直に伺えて参考になった」「お施主さんと直接お話しする事が出来て良かった」など好評を得ております。 当サイトの『暮らしを知る見学会』ページを是非ご覧下さい。また、新しいライフスタイルの提案としてPVを公開中です。

是非ご覧ください。

↓  ↓  ↓

■ PV セレクト工房 20201214 – YouTube

今後とも、Select工房を何卒宜しくお願い致します。

地鎮祭
2021.1/14 Thu

地鎮祭~浜松市中区高丘西~

1月15日(金)浜松市中区高丘西にて地鎮祭を執り行いました。

テーマは「リビング吹き抜け男前テイストの家」

中区高丘西の閑静な住宅街一角にリビングに吹き抜けが有る、インダストリアルなお家づくりがスタートします。

玄関アプローチを少し長く取り、玄関は正面から見えない位置に配置、グレーの塗り壁やレッドシダーに囲まれた男前でカッコいい玄関が現れます。

玄関扉を開くと正面にはアイアンの室内窓、更にLDKへ繋がるアイアン滑車の古材造作ヘリンボーン吊り戸、無骨な照明達が奥の空間へのワクワクと期待感を持たせてくれます。

造作吊り戸を開くと、そこにはリビング吹き抜けの有るLDK22帖+小上りの予備室約5帖の計27帖の巨大空間が現れ、来客に驚きを与えます。そのLDKにも空間を引き締める沢山の無骨なアイテムが。壁掛けのTVボードバックには味のある古材をランダムにあしらい、TVボード横には三角開口の可愛いわんちゃんゲージスペースをご準備。キッチン前カウンターとダイニングテーブルはモルタル仕上げ(モールテックス)に更にコンロ前にもアイアン窓を設置。ダイニングテーブル上には特徴あるペンダント照明をぶら下げることで、超男前な空間雰囲気に仕上げます。本邸の目玉は縦と横の空間のつながりによってより広く魅せること。吹き抜けにも特徴あるシーリングファンと吹き抜け部にはぐるっと一周ブラックのアイアン手摺りを回して空間のアクセントに。2階も手は抜きません。アイアンの階段を上がると踊り場にも無骨なペンダント照明を。寝室⇒5帖のウォークインクローゼット⇒子供室と繋がります。突き当りは下が見えるスケルトンのスノコと大きな窓をレイアウトし、吹き抜け部分と合わせて2階から1階へ光をいざないます。

外観はダークグレーのガルバリウム剛板と真っ黒な屋根+ブラックの窓サッシでカッコよくスタイリッシュに纏め、前に停まる車との相性まで考え抜いた外観形状とカラーコーディネートとなっています。

 

I様、本日は地鎮祭 誠におめでとうございます。

今年秋頃の完成を目指しスタッフ一同頑張ってまいりますので、引き続き完成まで宜しくお願い致します。